見えている世界は曖昧だ。

 

 

 

人々は瞬きを3秒に1回している。

例えば、今日は6時間寝た。 起きている18時間の瞬きは21,600回。

 

つまり人々には、1日のうち108分くらい見えない世界が存在する。*1

映画一本分くらいの時間を見ていないということになる。

毎日の映画一本分には物語があるのだろうか。

 

仮に80歳まで生きるとしたら、瞬きはおよそ6億回。

時間にしておよそ20年になる。 それは、人が生まれて成人するまでの時間。

一生のうち、人が二十歳になるまでの時間にはドラマがあるのだろうか。

 

それは目を覚ましている時間の1割にもなる。

 

その見えない世界を見てみたい。

誰も見たことのない世界を。

 

そう思って、シャッタースピードを瞬きの速度にして撮影したら、ボケたりブレたりした世界が写った。

絵の具をぐちゃっと混ぜたような鮮やかな色彩で、それはとてもきれいに写った。

瞬きしている間の世界は、まさに見たことのない世界だった。

 

なんの変哲もない日常、いつもの景色を瞬きして見る。

目には人や街がいつもと変わらず写るのに、瞬きしている間はボケたりブレたりしてしまう。

いや、本当はボケたりブレたりしているのかもしれない。

 

瞬きはボケやブレを無意識に修正する働きがあることが証明されている。

 

見えている世界はなんて曖昧なんだ。

 

 

わたしは、眼には写らない世界を写している。

 

 

 

 

 

*1 視覚入力が遮断される速度をひとつの瞬きとして考える。